コロナ後の新しい雇用のカタチ

当社米国在住ディレクターの沖室 がポストコロナ時代の新しい雇用の形としての、Work from anywhere, hire from anywhere,リモート雇用について、インタビューを受けました。

コロナ後の新しい雇用のカタチ

全世界でのコロナウイルス蔓延が始まりもうすぐ2年が経とうとしています。この間に多くの人々の生活様式、働き方が劇的に変化しました。それに伴い多くの企業にとっては如何にこの変化せざるを得ない状況に適応するかが求められた2年だったかと思います。
従来のオフィス勤務からWork from Homeといったリモートワークへシフトし、どのようにリモート環境を整えるのか、どのように人材をマネージするのかなど、当初様々な課題を感じられた企業も多いのではないでしょうか。
しかしながら、いざリモートワークを導入してみると予想以上に業務効率が上がるなどの声も多く、今後の採用戦略、事業戦略という面で新たな可能性を感じた企業も多いように存じます。
人材の採用が厳しい昨今、企業も新しい雇用、働き方を考えていく必要があります。

リモート人材の活用について

従来であれば人材採用を検討する際に、「オフィスに通えること」が採用条件の一つでした。しかしリモートワークが機能すると証明されたことで、必ずしもオフィスに通う必要はない、必ずしも物理的に同じ州にいなくてもよい、極端な話、海外にいる人材でも優秀であれば採用したいなど、採用要件によりフレキシビリティが出てきています。実際に当社のクライアントの米系企業などでは、優秀なソフトウェアエンジニアを雇用する際にアメリカ国内だけではなく、アジアにいる人材、ヨーロッパにいる人材、中南米にいる人材まで枠を広げて採用活動を行っているケースを良く目にします。このように場所を問わない採用活動をすることで、これまでの人材プールになかったリソースへのアクセスが可能になりました。

帰国人材の活用について

在米日系企業の中には就労ビザをスポンサーして日本人を含めた外国籍の人材を雇用しているケースが多くございます。如何に優秀な人材であってもビザの制限により帰国を余儀なくされるケースや、Life Change等により本国へ帰国する人材が必ず出て参ります。その度に企業は交代要員の人材を探さなくてはいけない状況にありましたが、リモートワークの発展より、本国への帰国後でも雇用関係を継続するという新たな手段が見出されました。当社のクライアントでも現地雇用の社員が本国へ帰国した後もリモートでの雇用を継続するケースなどが見られます。企業としては新たな人材を1から探すよりも既に業務について熟知している人材を継続的に活用できることで大きな安心感を持つことができます。

アフターコロナの拠点展開について

これまでは日系企業が海外へ進出をする際に前提条件として以下の点を重視する傾向にありました。

1.現地法人設立ありき

2.駐在員を責任者として日本本社から出向させる

しかしながら、過去2年のパンデミックの影響により従来の進出方法が困難となり、進出計画自体に大きな遅れが出ているという話を多く伺います。一方で前述のリモートワークの加速により、必ずしも法人を立てずとも進出先の現地人材を雇用し、仕事を任せていくことで事業展開をしていくという手法を取る企業も増えてきています。実際に欧米の企業ではパンデミック以前からこのような戦略で海外事業を伸ばしてきておりました。

Employer of Recordの活用

今後の採用戦略、事業戦略のトレンドを挙げてきましたが、原則どこの国であっても人材を雇用するためには現地法人が必要です。そこで昨今急速に拡大している業界がEmployer of Record (EOR)となります。Employer of Recordは日本語で「海外雇用代行」と訳され、各国でクライアントの為に人材の雇用を代行するサービスを提供しています。EORのモデルではサービスプロバイダーが各国で法的な雇用主となり、給与支払い、雇用主負担の税金の支払い、保険の提供等を行い、コンプライアンスに順守した雇用を実現する一方で、雇用する人材はクライアント企業の業務を遂行する形となります。EORを活用することで企業は拠点を持たない国での人材活用が出来るようになり、前述の戦略を実現することが可能になります。

コロナウイルスのような100年に一度と言われる危機にある中で、如何に柔軟に物事を考え、新しいカタチを取り入れることで事業の発展に繋げるられるかどうかが各企業に求められているのではないでしょうか。

この記事に関してご質問は、こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

【執筆】
GoGlobal USA Inc.
Director
沖室 晃平 (Kohei Okimuro)
Email: kohei.okimuro@goglobalgeo.jp/en

【プロフィール】
GoGlobalにおいてアジアパシフィック、アメリカ大陸のカスタマーサクセス部門を統括。GoGlobal入社以前は、米国で人事のトータルソリューションを提供する大手日系企業にて営業部の統括、数多くの日系企業の米国進出を支援する。その後ITのアウトソーシング会社に転職し営業担当を務める。日本生まれ。2004年からアメリカに在住。
カリフォルニア州立大学デービス校卒業

GoGlobal Japan